男性のみだしなみ、朝のひげそりは大変ですね

ひげの話

男性の場合にはひげが濃いと髭剃りを行っても、完全にひげが剃れなかったり、あごの周りが青くなってしまいます。そのような肌の状態で営業の外回りをするとなると、接客時にも気になってストレスが溜まるものです。そこで、メンズエステのあごひげ脱毛を受けることで、悩みを解消しようと考えました。メンズエステのあごひげ脱毛では、フラッシュ式とニードル式の2つの種類が存在しています。

しかし、フラッシュ式では永久脱毛ができない面が生まれています。そのため、メンズエステで永久脱毛をするには、ニードル脱毛を選ぶことがになってきます。メンズエステのニードル脱毛では、エステティシャンが毛穴の1本1本にニードルと呼ばれている電気が流れる針を順次刺していきます。その後、すべてのニードルに電気を流すことで、ひげの脱毛をすることができます。

ただし、ニードル式でのひげ脱毛時の痛みは強いものとなってきます。そのため、施術時はある程度の慢強さがないと耐えられません。しかし、ニードル式は毛穴の中の細胞まで効果があるために、徐々にひげが生えてこなくなり、やがては完全にひげが生えてこなくなってきます。あごひげ脱毛においては、範囲が比較的狭いためにニードル式でも効果は早めに効果が出てくる特徴があります。

そのため、ひげ脱毛をしてよかったこととしては、メンスエステへ通って早い段階から、あごの周りの剃り跡の青さが目立たなくなってくることが挙げられます。ひげの剃り跡が目立たなくなると、自信を持って外を歩けるようになってきます。さらにメンズエステに通い続けて、ひげの永久脱毛ができると、あごの部分の肌をツルツルの状態にすることができます。このようにひげの永久脱毛ができると、毎朝の髭剃りが楽になります。その結果、朝を忙しく過ごさなくてすむようになります。

また、高性能の電気シェーバーを揃える必要がなくなってくるため、経済的にも助かる面が出てきます。

玄米ミルクスムージーを飲んでみた感想!甘くておいしいかった。

最近、ライスミルクというのが流行っているらしく、
その流れで、姉が玄米ミルクスムージーを取り寄せたので、私も一緒に飲むことにしました。

玄米ミルクスムージーを飲んだ口コミ感想

個包装タイプなので、携帯しやすいのが便利!

会社に持っていって、休憩中に飲んでいます^^

職場にウオーターサーバーがあるので、その水を使用。

シェイカーを使わなくても、スプーンでくるくるかき回しているだけで溶けるので、ラクチンです。

以前、同じような感じのスティック状のドリンク(青汁)を買ったときは、
かきまわすだけではまったく溶けてくれず、ダマができてしまったことがあったので、それに比べると、この溶けやすさったら! すてき。

1日、1本ペースで飲んでいますが、かなり自分には合っているなと感じます。

こういったスムージー系は、味は度外視して、とにかく美容効果、健康効果を得たい! と、ガマンして飲むことがほとんどだったのですが、玄米ミルクスムージーは普通においしい♪

玄米のやわらかい風味に、黒糖の甘みが加わって飲みやすい!

ガマンしなくても飲めるってのが高ポイントです。

個人的には豆乳で割るのも好きですが、職場に豆乳を持っていくのが面倒なので、
私は水で飲んでます。

飲んだ次の日とか、体調がいい感じがするし!
しばらく続けてみたいと思います。

昆布だしのとりかた!(水出し、煮出し)

昆布だし

ごはんを支度するたびに、毎回だし汁を自分で用意する、と言う人は最近では少数派となっているようです。

しかし、時間がとれる時には、ご自身でもだし汁をとることに挑戦してみるのも良いものです。

出汁汁のもととなる具材は、昆布や、かつお節、またはいりこ等。

これらを使って、基本から始めてみるのも良いでですね。

当記事では、和食の中でもメジャーである昆布だしの取り方について解説していきます。

昆布だしのとりかた!

昆布のだしを取るには、水出しや煮出しといった方法があります。

材料は、どちらも昆布30gに対して、お水を1リットルほど使います。

下ごしらえとして、昆布の表面を、濡らしてしっかりしぼったふきんでふいておきます。

水出しの場合は、そのまま昆布を一晩、お水に浸しておけばOK。

煮出しの場合は、20分ちょっとお水に浸して昆布を戻してから中火にかけ、
煮立つ直前に昆布を鍋から取り出します。

煮出しの場合は、アクがでることがあるので、すくってあげてくださいね。

昆布だしは、鍋料理や和え物、酢の物、茶碗蒸しや湯豆腐といった料理に向きます。

和食